性病

費用等

ムラキクリニックでは保険診療可能です。下記1-6の疾病ですと、診察・治療をあわせて3,000-5,000円となります。風邪の場合と同じように健康保険証をご持参ください。保険証を使用しても会社に病名がばれてしまうことはありませんのでご心配はいりません。

医学的に正しい治療を受ければ、2-3回の通院でほとんどの症例は治ってしまいます。決して恥ずかしがらずに検査と治療をお受けになってください。

性病の種類

  1. クラミジア感染症
    性行為や風俗店での感染が多くみられます。排尿時の違和感や下着に膿がつく、といった症状で受診される方がほとんどですが、一年間全く無症状で本人自身が感染している事実を知らない場合も多く見受けられます。

    ムラキクリニックの検査・治療:尿をとるだけで判定できます。(尿道に木の棒を差し込み、ぐるぐるかき回すような苦痛を伴う検査はいたしませんのでご安心ください。)

  2. 淋菌感染症
    クラミジア感染症よりは、症状が強く、黄色の膿が尿道からでてくる、排尿時の痛みが強い、との症状で受診されます。

    ムラキクリニックの検査・治療:検査はやはり、尿の検査だけで、つらい検査はいたしません。通常は、セフェム系、ペニシリン系の内服薬のみで治りますが、耐性菌(飲み薬では効果がみられない菌)の場合には、スペクチノマイシンやロセフィンという注射を1回使用するだけでほぼ完治します。

  3. 陰部ヘルペス
    包皮や亀頭部が赤くなり、ジクジクといつまでも改善しない場合にはヘルペスを疑います。

    ムラキクリニックの検査・治療:オロナインや通常の軟膏では完治しません。バルトレックス(内服薬)やゾビラックス軟膏が有効です。

  4. 陰茎尖圭コンジローマ
    亀頭部や冠状溝の部位に「たらこのようなツブツブ」がみられます。一ヶ月二ヶ月単位で数が増えてくる場合はコンジローマの可能性が高いと判断します。

    ムラキクリニックの検査・治療:皮膚科では、液体窒素を用いた治療が行われますが、数回の通院が必要になります。当院では高周波メスを用いた電気凝固で5分で治療終了するよう心がけております。5-FUなどの抗ガン剤軟膏は皮膚を弱くする欠点があり、治療効果も不十分のため、当院では採用しておりません。場合によりべセルナクリームを処方いたします。

    ※亀頭部の冠状溝に存在する水疱は pearly penile papules という名称でコンジローマとは異なります。包皮腺といい、恥垢を産生、分泌する腺組織で特に治療の必要はありません。ただし、非常に気になるという方の場合、局所麻酔下に目立つ水疱を燃灼することは可能です。この場合、自費診療となりますので、消費税を含め、31,500円となります。特にご予約は必要ありません。所用時間はおよそ15分で、術後痛みはさほどありません。

  5. 梅毒
    ヘルペスのように亀頭部が赤く腫れ、ジクジクがいつまでも続く場合、梅毒を考える必要があります。上記の4つの疾病に比べ頻度は低いのですが、年に2-3例がみられます。

    ムラキクリニックの検査・治療:採血でわかります。内服薬のみで完治します。

  6. カンジダ症
    厳密に言うと、 性病には 該当しません。
    口腔内・腸管や膣内に存在する真菌(カビ)ですが、性行為により ヒトからヒトへと 感染することもあります。
    症状:男性 亀頭部・包皮・下腹部や大腿部に かゆみ・発赤・白いカスがでる。亀頭部に小さな赤い水疱がみられます。石けんで 洗っても カビは 殺せません。
    女性 外陰部や膣のかゆみ、チーズ様の白っぽい帯下(おりもの)が増え、痛みや焼けるような感覚が出ることもあります。

    ムラキクリニックの検査・治療: 検査:皮膚を綿棒でぬぐって 培養検査をします。(女性患者さんの場合には 女性の看護師が 検査いたします)
    治療:カンジダ症が疑われる場合には、検査結果を待たずに 当日 カビに対して 殺菌効果を有するルリコンクリームやオキナゾール膣錠を処方いたします。ほぼ一週間で、完治しますが、糖尿病など 基礎疾患が存在する場合 再発は しばしばみられます(balanitis)
TOPページに戻る